銀行系のキャッシング会社を比較

MENU

銀行系のキャッシング会社を比較

一般的には消費者金融やクレジットカードでお金を借りる事は「キャッシング」という言葉で呼ばれています。更に銀行でお金を借りる事についても同様にキャッシングという言葉が使われていて、楽天銀行やイオン銀行では普通にキャッシングという言葉が使用されています。したがって銀行カードローンを利用する時でも、キャッシングをしているという事になるのです。これらの言葉は単なる語感の違いだけであって、呼び方が違っていてもサービス内容は全く同じなのです。

 

 

【銀行キャッシングの金利は会社によって差がある】

 

消費者金融よりも低金利で利用ができる銀行キャッシングであっても、実際にはそれぞれの会社によって金利の差があります。金利を比較する時には自分が利用をしたい上限金額を比較する方が現実的と言えます。各会社で設定をされている金利の範囲は幅が広い為に、利用者の借入限度額によって金利も大きく違って来ます。100万円を超えない利用額であるならば、各金融機関の最高金利を参考にする事になります。

 

最高金利で各会社の金利の比較をするならば、みずほ銀行の14.0%が最も低金利となっています。次いで三井住友銀行や楽天銀行の14.5%が並んでいるという状況です。そしてそれよりも0.1%高い三菱東京UFJ銀行も低金利で銀行キャッシングを利用できる銀行です。

 

楽天銀行と同じネット銀行であるオリックス銀行やジャパンネット銀行では、大口借入れには有利な低い最低金利を設定している反面、少額借入れに適用される最高金利では消費者金融と同水準の18.0%付近の金利となっています。

 

またかつては消費者金融であった新生銀行レイクでも、そのままの営業形態が続いている為に銀行キャッシングよりも高く、消費者金融と同じ金利になっています。

 

 

銀行系のキャッシング会社を比較

 

 

【殆どの大手消費者金融は銀行グループに属している】

 

貸金業法の改正や過払い金返還請求によって消費者金融の経営は厳しくなっているようです。それでも大手の消費者金融では生き残りを掛けて大手の銀行のグループに属する事で、今までと同様のサービスを利用できるようになっています。
アコムは三菱東京UFJ銀行と、プロミスやモビットは三井住友銀行と、ノーローンは新生銀行と提携関係を結んでいます。
消費者金融にあって銀行と提携を結んでいない業者はアイフルで、単独での営業を展開しています。
今は銀行でありながらかつては消費者金融であったのが、新生銀行レイクです。現在は新生銀行の子会社として銀行に属しています。

 

消費者金融では総量規制という取り決めで、年収の1/3以下までの借入れに制限をされています。銀行よりも審査に通りやすいと言われているものの、高額のキャッシングを希望するならば銀行キャッシングを選択されると良いです。

 

キャッシング 即日 |すぐ即日で借りたい安心オススメはココ!

更新履歴