かなりの確率で審査落ちする人

MENU

かなりの確率でキャッシングの審査落ちする人

この人は確実に融資を希望してもキャッシング審査を通過することはできないな……。
という人がたまにいます。
本人はどうして自分が審査落ちしたのか良くわかっておらず、他のキャッシング業者だったら審査通してくれるかも、と比較的審査の甘いキャッシング業者に申し込む。でも、そこでもまた審査を通過することなく融資を断られてしまう。
『どうして審査に通らないんだろう』
『絶対大丈夫だと思ったのに』
『きっと誰かが嫌がらせをしているに違いない』
そんな風にマイナス方向へ考えてしまう前に、どうして自分が落ちたのか、本当に原因はないのかどうかを再度確認してみましょう。
今回は、かなりの確率で融資借入審査に落ちる人の特徴についてお伝え致します。

 

キャッシング審査に落ちる人1:申込ブラック

申込ブラック、といってもピンと来ないかもしれません。わかりやすく言い換えると、『同時にたくさんのキャッシング業者へ申込をして落ちる』ということです。
個人信用情報にもその履歴がのこります。
キャッシング業者にもよりますが、一度にたくさんのキャッシング業者に申し込んで審査に落ちたことがある人というのは『非常にお金に困っている人』と認識されがちです。
もちろんお金に困っているからキャッシングをしようと皆思うのですが、あまりにお金に困っている人に貸し付けるのは、借金を踏み倒す可能性のある危険人物に貸し付けるということです。なので、申込ブラック……1件くらいまでなら見逃してくれるキャッシング業者もあるでしょうが、申込ブラックが3件4件になると審査落ちしてしまう可能性が高くなってしまいますのでご注意下さい。

 

審査に落ちる人2:債務整理後

債務整理をしたあと数年間はお金を借りることができません。また、債務整理の際に消費者金融から新たに借入ができないようにする手続きを取っていた場合は、これから先、消費者金融からお金を借りることはできません。

 

審査に落ちる人3:長期に渡る延滞

個人信用情報に長期に渡る延滞の履歴が合った場合、間違いなく融資を断られます。

 

審査に落ちる人4:もう既に総量規制にひっかかってる

これが一番多いかもしれない審査落ちの理由です。本来なら通るはずの人も、総量規制……『年間に得る収入額の3分の1以上は借り入れすることができない』という定義にひっかかっている可能性があります。自分の年収の3分の1は一体いくらなのか、一度計算してみましょう。

 

即日キャッシングをするなら?